相続発生後の一般的な流れ

所得税や相続税の申告には期限があります。
ここにあげたほかにも、金融機関の解約や名義変更、年金などの社会保険や電気・ガス・水道などの生活関連の手続も必要です。

▲このページの先頭へ

相続発生後の主な手続

相続発生後の主な手続です。
法律で期限が決められている手続は、特に注意が必要です。
さらに詳しくは「主な手続一覧」ページをご覧ください。

基本手続

  • 死亡届の提出
  • 世帯主の変更
  • 国民健康保険(健康保険)保険証の返却 など

財産を引き継ぐ手続

  • 相続人の確定(戸籍謄本の取寄せなど)
  • 遺言書の有無の確認
  • 遺産(相続財産)の把握や評価
  • 遺産分割協議書の作成
  • 預貯金の解約や名義変更
  • 不動産の相続登記 など

受け取る手続

  • 死亡保険金の請求
  • 遺族年金の請求 など

生活関連の手続

  • 公共料金の名義変更
  • クレジットカードの解約
  • パスポートや運転免許証の返却 など

集める書類(一般的な例)

  • 亡くなられた方の戸籍謄本(出生から死亡まで)
  • 相続人の戸籍謄本と印鑑登録証明書
  • 金融機関の残高証明書
  • 不動産の登記簿謄本(登記事項証明書) など

期限がある手続

3ヶ月以内
  • 相続するかしないかを検討(相続の放棄・限定承認)
4ヶ月以内
  • 亡くなられた方の所得税の申告・納付(準確定申告)
10ヶ月以内
(相続税を申告する必要がある方のみ)
  • 相続税の申告・納付

このページの先頭へ